カーリースは任意保険が安心ってホント?任意保険コミのカーリースTOP5社を紹介

Sponsored Link

クルマに乗るときには、任意保険に入るという人も多いですよね。

カーリースであっても、任意保険は必要なのでしょうか。

もしものときに備えて、任意保険に入るという人が多いですが、マイカーではなくカーリースだとどうなの?と思うこともありますよね。

そこでここでは、カーリースと任意保険について見ていきたいと思います。

任意保険コミのおすすめカーリースTOP5についても紹介していますので、ぜひ最後まで目を通してみてください。

この記事を読むと分かること
  • クルマの保険について
  • カーリースの保険について
  • カーリースに任意保険は必要なのか
  • カーリースで任意保険に加入すると月々いくらになるのか
  • カーリースに適した任意保険の選び方
  • カーリースの任意保険を選ぶときの注意点
  • 任意保険コミのカーリースのメリットとデメリット
  • 任意保険コミのおすすめカーリースTOP5
  • よくある質問

それでは早速、詳しく見ていきましょう。

目次

【車の保険】2種類ある

まずは簡単に、車の保険について説明します。

車の保険には、「自賠責保険」と「任意保険」の2種類があり、テレビCMなどでやっている「自動車保険」というのは、みな任意保険の方を指しています。

自賠責保険と任意保険の特徴は、こちらです。

自賠責保険

自賠責保険は、加入が義務付けられている保険で、未加入のクルマは公道を走ることができません。

そのため、新車の登録時や車検のときに、必然的に加入する保険でもあり、次の車検までの期間分をまとめて支払うのが一般的。

自賠責保険は人身事故による対人賠償のみが補償の対象であり、対物や自分、搭乗者などは対象外となっています。

補償額にも上限がありますし、示談の代行サービスなどはありません。

自賠責保険は、クルマに乗る上での、最低限の保険だと言えるでしょう。

任意保険

任意保険は、「任意」であることからも分かるように、必ず入らなくてはいけない保険というわけではありません。

たとえ入らなくても、公道を走ることは可能です。

イメージとしては、自賠責保険で補えない分の補償のために、任意保険に入るという感じでしょうか。

人身事故による対人賠償のみが補償対象の自賠責保険と比べ、任意保険は自分自身や相手のクルマの修理費、治療費などをまかなうことができます。

万が一の事故の際、相手の治療費や賠償額は莫大になる可能性もあります。

そういうとき、補償額に上限のある自賠責保険だけでは不安なので、万が一のときに備えてカバーするための保険が、任意保険というわけです。

カーリースの保険はどうなってる?

さて、カーリースの保険はどうなっているのでしょうか。

リース会社によって多少の違いはあるものの、基本的にカーリースの保険は自賠責保険のみ含まれていることが一般的です。

自賠責保険は新車の登録時に加入しなくてはいけないものなので、リース会社が新車を購入するときに自賠責保険に加入します。

カーリースの場合、クルマの名義(所有者)はリース会社ですから、自賠責保険の手続きを行うのはリース会社。

そのため、カーリースの月額利用料に自賠責保険のお金も含まれているのが一般的なのです。

また、カーリースによっては月額利用料に任意保険まで含まれているものもあります。

自分で新たに任意保険に加入しなくて済みますし、月額利用料に含まれている場合はカーリースに適した任意保険であるため、安心ですね。

ただし、任意保険が含まれていることで月額利用料が高くなったり、今までの任意保険の等級が引き継げないケースもあるので、しっかり確認してから選ぶことが大切です。

カーリースに任意保険は必要なの?

カーリースに、任意保険は必要なのでしょうか。

カーリースに限らず、クルマに乗る人の大半は任意保険に加入しています。

その理由として挙げられるのは、やはり「万が一のときに自賠責保険だけでは心配だから」というもの。

確かに、億単位の賠償額になってしまったら、任意保険に入っていなかったらどうすることもできませんからね。

それ以外にも、カーリースならではの高額請求の可能性というのも否定できません。

それが、返却時の原状回復費用、事故などで全損になった場合の違約金、の2つです。

返却時の原状回復費用

カーリースは、基本的に契約満了時にはクルマを返却することを前提にしています。

返却されたクルマは、中古車として販売する、もしくは中古車リースに回すため、返却するクルマは契約時の状態に戻しておくことが基本となります。

これを原状回復というのですが、クルマを擦ってキズがついていたり、ぶつけてヘコみなどがある場合、それらはきちんと直さなくてはなりません。

任意保険で車両保険に入っていると、返却するときの原状回復費用を保険でカバーできることもあります。

全損時の違約金

カーリースは、契約途中での解約はできません。

しかし、事故によってクルマが全損となった場合は、強制的に解約となり、その場合でも違約金が必要となるのです。

違約金の額はリース会社によって多少の違いはあるものの、「残りのリース料全額+手数料」であることが多いです。

カーリース契約をした直後に事故を起こしてしまい、全損になってしまった場合は、相当な金額の違約金がかかってしまう、ということ。

任意保険の内容によっては、全損時の違約金までカバーできることもありますので、カーリースであっても任意保険に入っておいた方が良い、と言えるでしょう。

あらかじめ任意保険が月額利用料に含まれているカーリースの場合、事故を起こしても保険料が上がらない、というのは1つのメリットですね。

どちらにせよ、カーリースの特性に適した任意保険を選ぶことで、万が一のリスクに備えておくことができますよ。

参考:カーリース車を運転中に傷つけてしまった場合の対処法を具体例を挙げて徹底解説!

カーリースで任意保険に加入すると月々いくらになるのか?

カーリースで任意保険に加入すると、月々の支払い額はいくらになるのでしょうか。

これは、人によって任意保険の金額が変わるため、一概にいくらになる、とは言えません。

任意保険の等級は、年齢や免許証の色などによって変わります。

一般的に、年齢の若い人や免許をとったばかりの初心者の方が、任意保険の金額は高くなります。

これは、まだ運転に慣れていないため、事故を起こす可能性が高い、と判断されるからですね。

また、無事故無違反の人はゴールド免許になりますが、任意保険はゴールド免許の人の方が、ブルー免許の人よりも金額が安いです。

同じ年齢で片方はゴールド免許、片方はブルー免許であるなら、ブルー免許の人は事故や違反の経験がある、ということ。

過去に事故や違反をしたことがある人の場合、今後も事故を起こすリスクが高いと判断されるため、保険料も高くなるのです。

あくまでも目安ですが、30代や40代でゴールド免許の人であるなら、任意保険の金額は月額5000円程度のことが多いようです。

逆に、免許を取りたての10代で、まだグリーン免許の人であるなら、任意保険の金額は月々2万円弱になることも少なくありません。

全体的に見れば、任意保険の月額料金は1万円以下の人が大半ですが、若い世代は高くつく傾向にあります。

そのため、カーリースの月額利用料が1万円台だった場合、任意保険料が5000円なら、リース料と合わせても月々1万円台から2万円台前半で収まりますが、任意保険料が1万5000円以上する人であれば、リース料と合わせると3万円を超えてしまうことも少なくありません。

カーリースに適した任意保険の選び方

カーリースであっても任意保険は必要だということが分かりましたが、カーリースに適した任意保険は、どのように選べば良いのでしょうか。

先述したように、契約満了時にクルマを返却する際の原状回復費用、万が一の事故でリース車が全損となって強制解約となった場合の違約金などをカバーできる保険であることが望ましいですね。

カーリースに適した任意保険の選び方のポイントは、こちらになります。

  • 賠償責任保険
  • 損害保険
  • 車両保険
  • 特約

詳しく見ていきましょう。

賠償責任保険

賠償責任保険は、自賠責保険にも含まれています。

ただし、自賠責保険の場合は補償の対象が「人身事故による対人賠償のみ」となっており、補償額にも上限があります。

一方任意保険には、対人賠償責任保険、対物賠償責任保険があり、補償額の上限はたいていの場合は無制限になっています。

任意保険に加入するときは、対人も対物も補償額が無制限になっていることを必ず確認しておきましょう。

任意保険で対人賠償責任保険、対物賠償責任保険ともに補償額無制限で加入しておけば、万が一のときに自賠責保険でカバーできない部分を任意保険が補ってくれますよ。

損害保険

損害保険は、事故にあった際、自分自身や同乗者が障害を負ったときなどに適用されるものになります。

人身傷害保険、搭乗者傷害保険、無保険車傷害保険などがあります。

単独事故ではなく、クルマ同士の事故にあったとき、相手のクルマが任意保険に入っていない、というケースも有り得ますよね。

そうなったとき、事故の賠償などはややこしくなることが多いのですが、自分が任意保険で損害保険に入っていれば、そういうケースにもしっかり対応してもらえる、というわけです。

損害保険に入っておけば、万が一の事故のときでも、自分や同乗者の治療費、もしも自分が起こした事故のせいで同乗者が障害を負った場合の賠償金なども、カバーできるということです。

カーリースであっても、クルマを運転する以上事故のリスクはゼロではありません。

マイカーであってもリース車であっても、事故のリスクは同じように発生することから、任意保険で損害保険の内容もしっかり確認しておくべきだと言えるでしょう。

車両保険

車両保険は、事故を起こしたときの自分のクルマの修理費などを補償してくれるものになります。

クルマ同士の事故の場合、相手側に過失が認められれば、相手側の賠償責任保険が適用されるわけですが、必ずしもそうとは限りませんよね。

単独の場合や、自分(車)と自転車、などというケースもあるでしょう。

そういった事故のとき、自分のクルマの修理費をカバーしてくれるのが車両保険になります。

また、車両保険の対象となるのは、事故だけではなく、自然災害や当て逃げなどの場合もOK。

地震や台風などの自然災害は予測できないものも多いので、こうしたケースでも対応してもらえるのは心強いですね。

更に車両保険は、カーリースの場合は原状回復費用もカバーしてもらえます。

契約満了時にクルマを返却する際、キズやへこみなどがあると原状回復費用を請求されてしまいますが、車両保険に入っていれば、それらの費用も保険から支払うことができるでしょう。

そのため、カーリースであるなら、必ず車両保険はつけておくべきです。

特約

任意保険には、上記とは別に「特約」があります。

特約の内容や条件などは様々なのですが、カーリースの場合にチェックしておきたいのが、事故などでクルマが全損となった場合の、違約金について。

リースしているクルマが全損となると、カーリースの契約はその時点で強制的に終了となり、解約となります。

その際、厄介なのは高額な違約金が発生することです。

違約金の内訳はリース会社によって異なりますが、多くの場合は「残りのリース料全額+手数料」となり、契約直後であればあるほど違約金も高額になってしまいます。

カーリースで任意保険に入る場合は、この「違約金のカバー」ができるかどうか、をしっかり確認しておくことが大切です。

カーリースの任意保険を選ぶときの注意点

ではここで、カーリースの任意保険を選ぶときの注意点についてお話しておきます。

カーリースで任意保険に自分で入る場合には、後悔しないためにも以下の点に注意してください。

  • カーリースでも契約できるか
  • 補償内容はカーリースに適しているか
  • 専用保険は通常保険と比較してから決める

カーリースでも契約できるか

自動車保険の会社によっては、カーリースの場合は保険の対象外となるところもあります。

これは保険会社によって異なるので、事前にカーリースでも契約できるのかどうか、は必ず確認しておきましょう。

万が一、確認せずに入ってしまった保険がカーリースは補償の対象外であった場合、お金を支払っても無保険と変わらない状態だということ。

これでは意味がないので、きちんとカーリースに対応しているのか、カーリースでも契約できるのかは確認しておいてくださいね。

補償内容はカーリースに適しているか

あなたが入ろうとしている任意保険の補償内容は、カーリースに適していますか?

マイカーとカーリースでは、必要な補償内容が変わります。

先程も触れたように、カーリースだからこそ必要なものというのもあるので、自分が入ろうとしている保険の補償内容がカーリースに適しているか、はきちんと確認しなくてはなりません。

特に、原状回復費用のカバーや万が一のときの違約金のカバーができるかは、非常に重要なポイントです。

原状回復費用は車両保険に入っていればカバーできることが多いですが、カーリースの違約金に関しては、「特約」で入るのが一般的。

カーリースに対応している任意保険でなければ、こうした特約は設定されていないこともあります。

カーリースで任意保険に入るのなら、こうした特約がなければ意味がないので、カーリースに補償内容が合っているかは必ず確認しなくてはなりません。

専用保険は通常保険と比較してから決める

自動車保険会社によっては、カーリース専用の保険を用意しているところもあります。

カーリース専用保険は、当然ですがカーリースの特性に特化している保険なので、自分であれこれ考える必要はありません。

元々カーリース用に作られているわけですから、特約を確認したりする必要が無いのは、ありがたいですよね。

しかし中には、カーリース専用保険のほうが割高になってしまうケースもあるので、注意しなくてはなりません。

カーリース専用保険の場合、カーリースの契約期間すべてをまかなうことができるため、1年ごとに更新する必要はありません。

また、カーリースの月額利用料に任意保険の料金も含ませることができるため、たとえ契約期間内に事故を起こして保険を使うことになっても、保険料が上がらないのは魅力ですよね。

ただし、カーリース専用保険はその分保険料が割高になるケースもあります。

個人的に任意保険に入るのと、カーリース専用保険に入るのではどちらがお得になるのかは、しっかり比較してみることが大切です。

任意保険コミのカーリースのメリット・デメリット

先程、カーリース専用の任意保険もあるといいましたが、カーリースによっては「プランに任意保険が含まれているもの」もあります。

あらかじめ契約プランに任意保険が含まれているカーリースは、便利ですよね。

とはいえ、何も考えずに任意保険コミのカーリースにしよう!と決めてしまうのはNG。

カーリースは途中で解約できないからこそ、しっかり考えてから決めなくてはなりません。

任意保険コミのカーリースのメリットとデメリットについて、目を通してみてください。

任意保険コミのカーリースのデメリット

まずは、任意保険コミのカーリースのデメリットについて紹介します。

任意保険コミのカーリースならではのデメリットには、以下のようなものが考えられます。

  • 月額利用料が高くなる
  • 今までの保険の等級が引き継げない可能性がある

月額利用料が高くなる

任意保険が含まれているカーリースの場合、月額利用料が高くなる傾向になります。

通常の任意保険の場合、契約は1年単位で年払い、もしくは月払いとなりますが、任意保険が含まれているカーリースの場合、契約期間分の保険料をまとめて支払う形になります。

契約月数で割るためそこまで極端に変わるわけではありませんが、任意保険コミのカーリースには「事故を起こしても保険料が上がらない」という特性があるので、その分月額利用料が割高になるケースがあるのです。

今までの保険の等級が引き継げない

任意保険コミのカーリースでは、あらかじめ入る任意保険が決められているため、ものによっては今までの保険の等級が引き継げないこともあります。

任意保険の保険料は等級によって大幅に変わるので、今までの保険料が安かった人にとっては、等級が引き継げないことで相当割高に感じることもあるでしょう。

任意保険コミのカーリースのメリット

続いて、任意保険コミのカーリースを選ぶメリットについて紹介します。

任意保険コミのカーリースにはデメリットもありますが、それを上回るメリットもあります。

任意保険コミのカーリースのメリットは、こちらです。

  • 補償内容がカーリースに特化している
  • 事故を起こしても保険料が上がらない
  • 自分で手続きをする必要がない

補償内容がカーリースに特化している

任意保険コミのカーリースの場合、当然ですが任意保険の補償内容はカーリースに特化したものになります。

自分で任意保険を選ぶ場合、カーリースでも適用されるのか、カーリースの特徴にあっているのかなどを1つずつ確認しなくてはなりませんが、任意保険コミのカーリースであれば、いちいち確認する必要はありません。

保険の内容を1つずつ確認するのは意外と大変な作業なので、それを省けるのはかなりのメリットだと言えますね。

事故を起こしても保険料が上がらない

任意保険コミのカーリースで契約をすると、たとえ契約期間内に事故を起こしても保険料が上がることはありません。

リース期間が5年なら、あらかじめ5年分の任意保険料を組み込んで月額利用料を決めるので、途中で月額利用料が変わることはないんです。

通常の任意保険であれば、事故を起こすと翌年からの保険料がだいぶ高額になってしまうこともあるので、もしものときに保険料が上がらないというのは安心できるポイントではないでしょうか。

自分で手続きをする必要がない

そして任意保険コミのカーリースでは、契約するときに契約期間内の保険料を組み込んで月額利用料を出すので、1年ごとに自分で保険の更新手続きをする必要がありません。

すでに契約年数分の任意保険に入っているので、契約してしまえば他にやることはないのです。

最初にカーリースの手続きをしてしまえばそれで良いので、忘れるリスクもありませんね。

また、任意保険が月額利用料に含まれているので、クルマに関する出費をカーリースの月額利用料のみにまとめられるのも、メリットではないでしょうか。

任意保険コミのおすすめカーリースTOP5

それではここで、任意保険コミのおすすめカーリースTOP5社を紹介します。

含まれている任意保険について詳しく触れていきますので、カーリース選びの参考にしてみてください。

  1. KINTO
  2. おトクにマイカー定額カルモくん
  3. ニコノリ
  4. カーコンカーリース
  5. SOMPOで乗ーる

1位:KINTO

任意保険コミのカーリースおすすめ第1位は、トヨタのカーリースKINTOです。

画像引用元:KINTO公式サイト

トヨタのクルマとレクサスから選べるKINTOは、トヨタが運営しているカーリースになるため、トヨタ車であればどのカーリースよりもお得に契約することができます。

KINTOでは、最安のクルマであっても月額利用料は3万円台からなので、他と比べるとやや割高に感じてしまうかもしれません。

しかしKINTOは、月額利用料に車両代、任意保険料だけでなく、車検費用やメンテナンス費用も含まれています。

つまり、KINTOの月額利用料だけでクルマに関する出費をおさえられるのはありがたいですね。

また、KINTOは契約者だけでなく、契約者が許可した運転者が事故を起こした場合にも任意保険が適用されるので、自分だけでなく家族が運転しているときに事故が起きても安心です。

気になる任意保険の内容は、対人・対物賠償責任保険は無制限、自分自身のケガは上限5000万円まで。

修理代の自己負担額は最大で5万円までなので、高額な修理代を請求される心配もありません。

弁護士費用とロードサービスもついているので、万が一事故を起こしたときにもしっかり対応してもらえます。

ただし、KINTOの任意保険は今までの保険の等級を引き継ぐことはできません。

そのため、KINTOは初めてクルマを持つ人や免許を取りたての人など、若い世代の人に特におすすめだと言えますよ。

\ 審査に通りやすい今がチャンス!

2位:おトクにマイカー定額カルモくん

おすすめカーリース第2位は、おトクにマイカー定額カルモくんです。

画像引用元:定額カルモくんの公式サイト

厳密には、おトクにマイカー定額カルモくんには、任意保険コミのプランはありません。

しかし、おトクにマイカー定額カルモくんには、契約前から相談できる無料のコンシェルジュがいるので、そちらに相談するとおすすめの任意保険を教えてもらうことができるんです。

自分で任意保険を1から選ぶのは大変…という人でも、おすすめを教えてもらえるのはありがたいですね。

また、おトクにマイカー定額カルモくんのメンテナンスプランには、原状回復費用をカバーすることもできるため、任意保険の補償内容を抑えることができるのも特徴です。

メンテナンスプランではメーカー保証の延長も可能なので、任意保険の内容は最低限でOK。

そうなると、任意保険の補償内容を減らせるので、保険料を安くできるというメリットがあるんです。

無料コンシェルジュにおすすめの任意保険を相談しておけば、無駄のない任意保険を紹介してもらえますよ!

\ お試し審査だけでもOK

3位:ニコノリ

おすすめカーリース第3位は、ニコノリです。

画像引用元:定額ニコノリパックの公式サイト

ニコノリには、カーリース専用の保険が用意されており、たとえ契約期間内に事故を起こしても保険料は変わりません。

任意保険の内容は、対人・対物賠償責任保険は無制限、車両保険つきで全損時もカバーしてもらえます。

そして、ニコノリの任意保険は、今までの保険の等級を引き継ぐことも可能です。

そのため、等級が引き継げずに損をするということはありません。

若い人ではなくても、ニコノリの専用保険なら恩恵を感じやすいのではないでしょうか。

もしものときの弁護士費用もついていますし、専門の担当から電話でアドバイスをもらえますので、いざというときでも安心ですね。

\ 無料シミュレーションを試してみる /

4位:カーコンカーリース

おすすめカーリース第4位は、カーコンカーリースです。

画像引用元:カーコンビニ俱楽部の公式サイト

カーコンカーリースには、もろコミとセットのリース専門特約つきの保険が用意されています。

万が一、カーリースを途中解約する場合の違約金に合うように車両保険の金額を設定するので、カーリースが途中解約となったときでも安心です。

また、カーコンカーリースもろコミのリース専門特約つき保険は、今までの保険の等級を引き継ぐことができるので、等級が引き継げなくて損をするということもありません。

\ 途中解約になっても安心! /

5位:SOMPOで乗ーる

おすすめのカーリース第5位は、SOMPOで乗ーるです。

画像引用元:SOMPOで乗ーるの公式サイト

SOMPOで乗ーるには、損保ジャパンの任意保険を組み込むプランが用意されています。

今までの保険の等級を引き継ぐこともできますし、カーリースの契約期間分の任意保険を長期で申し込むため、いちいち手続きをする必要もありません。

一気に契約期間分の保険料を支払うので、事故を起こしても保険料は変わらないので安心してくださいね。

\ 無料シミュレーションを試してみる /

よくある質問

最後に、カーリースと任意保険にまつわる疑問をまとめてみました。

カーリースと任意保険についての疑問は、しっかり解決しておきましょう。

カーリースに保険は含まれるのか?

多くのカーリースの場合、加入が義務付けられている自賠責保険のみが月額利用料に含まれています。

任意保険については、含まれているカーリースのほうが少ないものの、KINTOのようにすべてのプランにあらかじめ任意保険が含まれているカーリースもあります。

カーリースでも任意保険は必要か?

カーリースでも、任意保険は入っておくべきだと言えるでしょう。

もちろん、任意保険に入るかどうかは個人の自由ではありますが、カーリースだから不要ということはありません。

クルマを運転する以上、事故を起こすリスクは誰にでもあるためです。

任意保険コミのカーリースはあるの?

任意保険コミのカーリースには、たとえばトヨタのカーリースKINTOなどがあります。

KINTOはすべてのプランに任意保険が含まれているので、特に若い世代の人に人気がありますよ。

他にも、提携している自動車保険のプランを組み込めるカーリースなどもありますので、自分に合うものを検討してみてくださいね。

まとめ:カーリースに適した任意保険に入って安心安全なカーライフを楽しもう

カーリースであっても、任意保険に入っておくことでもしもの不安を取り除くことができます。

また、カーリースの特性に合う任意保険を選ぶことで、より無駄のないカーライフを送ることができるでしょう。

事故のリスクは誰にでもあるものなので、もしものときに備えて任意保険に入っておくことをおすすめします。

カーリースに適した任意保険を選び、安心安全なカーライフを送ってくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次