短期で車リースの契約がしたい人必見!おすすめのリース会社と人気の車種をご紹介します!

Sponsored Link

1ヶ月など短い期間だけ、車が必要になることもありますよね。

そうなると、車を借りる手段として真っ先に浮かぶのはレンタカーですが、実は『カーリース』もあるのをご存知でしょうか。

ここでは、短期契約できるカーリースについて、レンタカーとの違いも含めて紹介していきたいと思います。

● 1ヶ月から利用できるカーリースについて
● 短期カーリースとマンスリーレンタカーの違い
● 短期カーリースとマンスリーレンタカーの選び方
● 短期カーリースの注意点
● 短期利用でも長期契約が良いケースについて
● 1年から新車に乗れるカーリース『 おトクにマイカー定額カルモくん』について
● 短期カーリースで人気の車種
● 短期カーリースに関するよくある質問

上記について、順に解説していきますよ!

短期で車が必要な方、ぜひ最後まで読み進めてみてください。

それでは早速、詳しく見ていきましょう。

目次

1ヶ月から利用できるカーリースとは

カーリースと聞くと、3年や5年などの長期間契約するイメージがある人も多いのではないでしょうか。

確かに、一般的なカーリースの契約期間は3年や5年、7年といった、長期間であることが多いです。

しかし中には、1ヶ月から利用できるカーリースもあるんです!

1ヶ月から利用できる超短期のカーリース会社を3つ、紹介しましょう。

今回紹介するのは、以下の3つのカーリース会社。

ニコリース
ワンコインリース
ニチゴカーリース

それぞれの特徴を簡単に説明します。

ニコリース

ニコリースは、1ヶ月からリース契約をすることができます。

画像引用元:ニコリースの公式サイト

月額利用料は車種によって異なりますが、26000円くらいから。

レンタカーを1ヶ月借りるよりは安く、納車まで最短5日というスピードも魅力です。

ワンコインリース

ワンコインリースは、1ヶ月単位でリース契約をすることができます。

画像引用元:ワンコインリースの公式サイト

実際にリースしてみて、更に使用期間を延ばしたい場合も、1ヶ月単位で延長できるところがいいですね。

リース車両は中古車になりますが、1日あたり500円(ワンコイン)からという金額も魅力的なポイントと言えるでしょう。

ニチゴカーリース

ニチゴカーリースも、1ヶ月単位でリース契約をすることができます。

画像引用元:ニチゴカーリースの公式サイト

中古の軽自動車がメインですが、トラックもあるので用途に合わせて選びましょう。

短期カーリースでトラックの貸出があるところは少ないので、ありがたいですね。

ニチゴカーリースは、関東を中心に店舗展開しています。

1ヶ月から可能な短期カーリースは、地域密着型店舗に多い印象なので、地元で展開しているカーリース会社をチェックしてみるのもいいかもしれませんね。

短期カーリースとマンスリーレンタカーどっちがいい?

短期カーリースとマンスリーレンタカーは、どっちがいいのでしょうか。

1ヶ月から利用できるカーリース会社もありますが、短期利用で思い浮かぶのはレンタカーという人も多いですよね。

短期カーリースとマンスリーレンタカーは、どちらがいいのでしょうか。

『どちらがいいか』は、何を重視するのかによっても変わってくるので、一概に決めることはできません。

短期カーリースとマンスリーレンタカーで迷っている人のために、それぞれの特徴をまとめてみました。

短期カーリースマンスリーレンタカー
期間1ヶ月~1ヶ月
料金15000円~30000円~
その他費用任意保険、保証金、証明書代等任意保険
車の種類中古中古
制限走行距離制限あり走行距離制限あり
手続き審査、車庫証明等予約
延長有無可能再度予約が必要

こちらはあくまでも一例なので、契約するカーリース会社やレンタカー会社によって変わります。

大まかな目安として捉えておいてください。

こうしてみると、月額利用料に関しては短期カーリースの方が安いことが多いようです。

しかし、その分手続きなどが面倒なことも多いので、短期カーリースとマンスリーレンタカーのどちらがいいかは、しっかり吟味してから決めたいものですね。

短期カーリースとマンスリーレンタカーの違い・選び方

短期カーリースとマンスリーレンタカーの違いや選び方について、説明します。

短期カーリースとマンスリーレンタカーの特徴については、先程大まかに表にまとめましたが、違いや選び方について具体的に見ていきましょう。

手軽さを重視するなら…

契約や手続きの手軽さを重視して選ぶのなら、おすすめは【マンスリーレンタカー】です。

画像引用元:ニコニコレンタカー

短期カーリースは、たとえ契約が1ヶ月のみであっても、車庫証明を取ったり審査を通過しなければ契約することはできません。

その点マンスリーレンタカーは、予約をして料金を払えば済むので、手続き自体はものすごく簡単です。

手軽さを重視して選ぶのであれば、マンスリーレンタカーで決まりですね。

安さを重視するなら…

月額利用料の安さを重視して選ぶのなら、【短期カーリース】の方がおすすめです。

画像引用元:ニコリースの公式サイト

先程の表でも分かるように、短期カーリースとマンスリーレンタカーでは月額利用料にほぼ2倍の差が生じるもの。

月額利用料自体は、短期カーリースの方が明らかに安いです。

しかし、短期カーリースの場合は、車両リース代の他に任意保険や保証金、証明書の費用などが上乗せされることもあるので、実際に支払う金額がいくらになるのか?は、あらかじめ確認しておくことをおすすめします。

延長する可能性があるなら…

当初の契約は1ヶ月の予定でも、契約してから更に車を使う期間が長くなった、ということもありますよね。

契約を延長する可能性があるのなら、おすすめなのは【短期カーリース】になります。

画像引用元:ニコリースの公式サイト

実際に使ってみてから、車がもっと長い間必要になるというケースは意外と多いもの。

契約の延長に関しては、カーリース会社によりますが、基本的に短期カーリースであれば延長はスムーズに行うことができます。

連絡さえ入れておけば、特に手続き等の必要は無い場合がほとんど。

しかしマンスリーレンタカーの場合、延長したい場合は一旦車を返却し、再度予約をし直すという手間が発生してしまいます。

延長する可能性が少しでもあるのなら、短期カーリースのほうがおすすめです。

利用までのスピード重視なら…

契約から実際に車に乗るまでのスピード重視で選ぶのなら、【マンスリーレンタカー】がおすすめ。

画像引用元:ニコニコレンタカー

短期カーリースは1ヶ月であっても審査や車庫証明を取得する必要があるので、契約した直後に車を手に入れることはできません。

どんなに早くても、5日前後はかかるでしょう。

その点マンスリーレンタカーは、使いたい日を決めてから予約するため、車が必要なときすぐに使うことができるんです。

短期カーリースで車を使いたい日(開始日)が決まっている場合は、納車までの時間を考慮して早めに契約することが必要です。

短期利用を繰り返す可能性があるなら…

短期利用を繰り返す可能性がある人は、短期カーリースでもマンスリーレンタカーでもなく、【長期カーリース】を検討してみても良いかもしれません。

おトクにマイカー 定額カルモくん

画像引用元:おトクにマイカー定額カルモくん

短期カーリースで契約満了し、数ヶ月経ってからまたリース契約をするとなった場合、同じカーリース会社を利用するときもまた審査や車庫証明の取得が必要になります。

何度も手続きを繰り返さなくてはいけないのは、ちょっと面倒ですよね。

何度も短期カーリース契約をするのなら、1年などまとめてカーリース契約をした方がお得になるケースもあります。

短期カーリースとマンスリーレンタカーだけでなく、選択肢は長期カーリースもあるということを、頭に入れておくといいですね!

短期カーリースを契約する際の注意点

ではここで、短期カーリースを契約する際の注意点を紹介します。

短期カーリースを契約するときには、以下のことをきちんと理解した上で契約するようにしましょう。

①保証金が必要になるケースが多い

短期カーリースを契約する際には、マンスリーレンタカーや長期カーリース契約にはない『保証金』が必要になるケースが多いです。

保証金の金額はカーリース会社や契約する車種にもよりますが、目安としては2万~3万程度でしょうか。

保証金が何のために使われるのか?というと、基本は車の原状回復に使われます。

たとえ1ヶ月であっても車を利用するわけですから、契約時の状態に車を戻すのが原則。

保証金で原状回復をしますが、余った分は返金される仕組みです。

②車庫証明が必要

1ヶ月などの短期カーリースであっても、車庫証明の取得が必須となります。

とはいえ、車庫証明の取得はカーリース会社で代行してくれるところも多いので、そこまで深く考える必要はないでしょう。

カーリース会社で代行してくれる場合は、その分の費用も月額利用料に含まれています。

③利用開始までに時間がかかる

先程も触れましたが、短期カーリースは契約から利用開始までに時間がかかることも忘れてはいけません。

審査に通ってからも、書類の準備や点検、整備などが必要になるので、利用開始までは早くても3~5日はかかるでしょう。

④審査がある

マンスリーレンタカーの場合、利用するための審査はありませんが、短期カーリースの場合は審査があります。

審査に通らなければ、契約することはできません。

審査に関しては、収入の安定性や返済能力の有無を判断することになり、クレジットカードの審査と同じようなイメージですね。

学生やアルバイトなど、安定した収入が見込めないと判断されると、審査に落ちる、もしくは連帯保証人を求められることもあります。

⑤返却時に精算の可能性あり

短期カーリースでは、あらかじめ車の残価設定をし、自分が使う分の利用料金だけを支払う仕組み。

そのため、契約満了後は車を返却することが原則となります。

残価設定ありのカーリースすべてに言えることですが、車を返却するときには原状回復が必須であり、場合によっては返却時に精算が必要になることもあります。

また、修理費などは自己負担になるので、その点も頭に入れておいた方が良いですね。

短期利用でも長期カーリース契約が良い場合も?

ではここで、短期利用でも長期カーリース契約の方が良いケースについて、見ていきたいと思います。

1ヶ月からの短期カーリースは、『必要なときだけ車を使用する』ことができるものですが、場合によっては長期カーリース契約のほうがおすすめのこともあります。

ここでいう長期カーリース契約とは、1年などのこと。

おトクにマイカー 定額カルモくん

画像引用元:おトクにマイカー定額カルモくん

一般的なカーリース契約期間としてはかなり短い方ですが、ここでは長期契約と表現しています。

一体どんなケースのとき、短期カーリースよりも長期カーリースの方が良いのでしょうか。

● 初期費用をなくしたい
● 中古車に抵抗がある
● 乗る期間が延びるかもしれない

短期カーリースでは、月額利用料の他に『保証金』が必要になることが多いですが、長期カーリース契約の場合は保証金は不要。

そのため、初期費用をなくしたいのであれば長期カーリースの方がおすすめです。

また、1ヶ月などの短期カーリースで乗れるのは、基本的に中古車のみであり、新車に乗れることはほぼありません。

中古車といってもきちんと整備されているので、安全面などは何の問題もありませんが、やはり中古車に抵抗があるという人もいますよね。

長期カーリースでは、中古車ではなく新車を扱っているところも多いので、新車に乗りたい人は長期カーリース契約を選びましょう。

1年から新車に乗れるカーリースとは

1年から新車に乗れるカーリースには、何があるのでしょうか。

1ヶ月などの短期カーリース契約では、乗れる車は中古車のみ。

実際、カーリース契約は3年や5年、7年などの長期間に及ぶものが多いので、1年という期間も珍しいですよね。

そんな1年から新車に乗れるカーリースが、おトクにマイカー定額カルモくんなんです!

おトクにマイカー 定額カルモくん

画像引用元:おトクにマイカー定額カルモくん

カルモくんでは最短1年から契約が可能なので、半年以上車が必要であるなら、検討してみる価値はありますよ~。

カルモくんの特徴を、簡単に紹介します。

● 好きな新車に乗れる
● 初期費用なし
● お試し審査あり

好きな新車に乗れる

定額カルモくんでは、契約する車は全て新車になります。

国産全メーカー、車種、全グレードから自由に車を選ぶことができます。

もちろんオプションも自由につけられるので、リース契約ではありますが新車を購入するときと変わらないんです。

自分の好きな車に乗れるというのは、メリットとしては非常に大きいのではないでしょうか。

初期費用なし

定額カルモくんでの契約は最短1年からですが、短期カーリースの保証金のような初期費用はありません。

諸費用などはすべて、月額利用料に含まれています。

頭金などの初期費用がネックで新車の購入に至れない人もいると思いますが、カルモくんは1年からの契約でも初期費用は不要です。

保証金もないので、気持ち的にもちょっと楽ですね。

お試し審査あり

そしてカルモくんには、『お試し審査』というものがあります。

カーリースには期間に関わらず審査が必要なので、『審査に通るか不安』だという人も多いのではないでしょうか。

実際に車を決めて契約の準備を進めてから審査に入る、というのが一般的な流れですが、何もかもを決めてから実際には審査に通らなかったら、それまでの時間が全て無駄になってしまいます。

そんな不安も、カルモくんなら大丈夫!

カルモくんの『お試し審査』は、車種やプランなどが一切決まっていなくても、審査に通るかどうかが分かるんです。

必要事項に入力するだけで、結果は5分ほどで分かるので良いですね。

審査に通ることがわかったからと言って契約しなければいけない、ということはなく、もちろんキャンセルすることもできるので安心してください。

短期カーリースで人気の車種はこちら

短期カーリースでは、一体どんな車が人気なのでしょうか。

短期カーリースで人気の車種は、やはり軽自動車が多いです!

● ホンダ N-ONE
● ホンダ N BOX
● ダイハツ ミライース

ホンダN-ONE

ホンダN BOX

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: N-BOX-1024x640.jpg

ダイハツ ミライース

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0aecbd0f67c592a635856b49ece80119-1024x640.jpg

上記の車種は、短期カーリースでも人気が高いものです。

1ヶ月などの短期カーリースを考えている場合、リースできるのは中古車になるので、乗りたい車に乗れるかどうかは分かりません。

特にホンダのN-ONEやN BOXはかなり人気の高い車種なので、在庫が無いことも少なくありません。

マンスリーレンタカーもそうですが、『乗りたい車に乗れるとは限らない』というのが現状なんですね。

中古車リースは費用が抑えられるという利点はあるものの、リースできる車種が限られる(可能性がある)というのは難点だと言えるでしょう。

人気車種に乗りたい、既に乗りたい車が決まっているという人は、カルモくんの1年契約など、新車に乗れるカーリース会社を検討してみることをおすすめします。

>>おトクにマイカー定額カルモくん

短期カーリースのよくある質問

最後に、短期カーリースに関するよくある質問を紹介します。

短期カーリースを契約する上で気になることは、あらかじめ納得しておきたいもの。

短期カーリースによるある質問をまとめてみましたので、疑問を解決しておきましょう。

Q.1ヶ月から利用できるカーリースはある?

短期カーリースでは、1ヶ月から利用できるカーリース会社もあります。

ニコリース
ワンコインリース
ニチゴカーリース

上記のカーリース会社は、1ヶ月から契約することが可能です。

利用料金についてはカーリース会社や契約内容によるため一概には言えませんが、1日あたり500円から契約することができます。

使いたいときだけ車を手にしたいという人には、とても便利なシステムですね。

Q.短期カーリースを利用する注意点は?

短期カーリースは乗りたいときだけ車に乗れるという点ではとても便利なものですが、利用するには注意するべきこともあります。

安易に契約してしまうと、あとから後悔することにもなりかねません。

短期カーリースを利用する上での注意点は、こちらです。

● リースできるのは中古車のみ
● 車種が限られる
● 保証金が必要
● 割高になりがち

1ヶ月からの短期カーリースの場合、リースできるのは基本的に中古車のみになります。

新車に乗ることはできません。

中古車であるため店舗によって在庫には差があるので、契約できる車種は少なめだと言えます。

乗りたい車に乗れるとは限らないので、『あるものから選ぶ』ことになることを覚えておいてください。

また、カーリース会社によりますが、1ヶ月からの短期カーリース契約の場合、月額利用料とは別に保証金が発生することも多く、利用料金も長期契約と比べると明らかに割高になります。

安さ重視で短期カーリースを契約しようとしているのなら、もう一度じっくりと考えた方が良いかもしれませんよ!

Q.短期カーリースと長期カーリースの違いは?

短期カーリースと長期カーリースの違いとして挙げられるのは、以下の項目になります。

● コスト
● 初期費用
● 車の種類、状態

契約の方法や審査の有無、証明書等に関しては、短期カーリースであっても長期カーリースであっても変わりません。

違いが出るのは、上記の3つになります。

カーリース会社のシステムにもよりますが、一般的なカーリースの場合、契約期間が長ければ長いほど、月額利用料は安くなっていきます。

つまり、1ヶ月などの短期で契約する場合、月額利用料はかなり割高になるといっていいでしょう。

新車をローンや現金一括で購入したときの、月々の支払額よりも割型になることも、少なくありません。

初期費用については何度か触れましたが、短期カーリースでは『保証金』という名目で初期費用がかかることが多いですが、長期カーリース契約の場合はありません。

そして最大の違いともいえるのが、車の種類や状態ではないでしょうか。

短期カーリースの場合は中古車で在庫に偏りがあることも多いですが、長期カーリースでは新車なので、自分の好きな車を選べますよ(長期カーリースでも、中古車リースを行っているところもあります)。

おトクにマイカー 定額カルモくん

画像引用元:おトクにマイカー定額カルモくん

どんな車に乗れるかは、短期カーリースと長期カーリースでは大幅に異なりますので、きちんと確認しておきましょう。

Q.車庫証明は必要?

短期カーリースであっても、リース契約である以上『車庫証明』は必要になります。

自宅などに車を保管するスペースを作りましょう。

もし、自宅に車を置くスペースがない場合は、条件付きではありますが月極の駐車場などを契約し、その場所で車庫証明を取得する必要があります。

契約期間が短くても車庫証明の取得は必須なので、ちょっとめんどくさいと感じるかもしれませんね。

車庫証明のとり方がわからない人などは、カーリース会社で代行してくれるサービスもあるので、まずはカーリース会社に相談してみてください。

Q.審査の内容は?

短期カーリースの審査は、長期カーリースよりも甘いと言われています。

期間が短い分、総額も安くなるからというのがその理由で、審査は必須ではありますが、クレジットカード決済にすればOKというところもあるほど。

一般的なクレジットカードの審査と変わらないので、そこまで身構える必要はなさそうです。

1年~の短期OK!新車カーリースなら『カルモくん』

今回おすすめとして紹介するのは、『おトクにマイカー定額カルモくん』です!

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: image-6-1024x300.png

>>おトクにマイカー定額カルモくんの公式サイトはこちら

おトクにマイカー定額カルモくんについて詳しく知りたい方は、こちらの記事をご覧ください。

カルモくんは、1年から契約できる上、リースするのは中古車ではなく新車!

しかもワンコインリースやニチゴカーリースの『月々15000円~』よりも安い金額で、新車に乗ることもできちゃうんです。

1年以上クルマを必要とするのなら、断然 カルモくん がお得ですよ~!

カルモくんの特徴

● 1年から最長11年まで、契約期間を自由に決められる
● 国産メーカー全車種から選べる
● メンテナンス込みプランあり
● 契約満了後にクルマが貰えるオプションあり
● ネットでクルマ探しから審査の申し込みまで全て完結できる

1年未満での契約はできませんが、1年以上クルマを使う予定があるのであれば、毎月1万円ちょっとで新車に乗れるカルモくんは本当にお得ですよね。

自分で自由に契約期間を決められるのも、『数年後の家族構成が分からない』人にもおすすめできるポイント。

契約期間を1年から11年まで選べるメリット

メンテナンス込みプランもありますし、契約満了後にクルマを貰えるオプションをつければ、まさにマイカーと同じようにクルマに乗ることができますね。

ではクルマ探しから料金シミュレーション、審査の申し込みまでをすべてネット上で完結できるため、忙しいあなたにもぴったりです。

カルモくんで人気の車種は?

カルモくんで人気の車種と、月々の支払い額(最安値)を紹介します。

人気の車種は、公式ホームページより抜粋しました(2021年6月17日現在)。

1位:ホンダN BOX 17320円~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: N-BOX-1024x640.jpg


2位:ダイハツ ミライース 12760円~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: 0aecbd0f67c592a635856b49ece80119-1024x640.jpg


3位:スズキ ハスラー 15890円~

画像に alt 属性が指定されていません。ファイル名: f813004f88f4bd5cb9adfb27bff92aa6-1024x640.jpg

毎月この金額で新車に乗れるなら、ありがたい限りですね。

まとめ:短期カーリース・マンスリーレンタカー・長期カーリースは状況によって使い分けよう

短期カーリース契約がしたい人向けに、おすすめのリース会社や人気の車種など、短期カーリースについて詳しく紹介しました。

突然車が必要になった、限られた期間だけ車を使いたいという人の救世主となりうるのが、短期カーリースの存在です。

カーリースのため、契約や手続きがめんどくさいという点は否めませんが、マンスリーレンタカーよりも安い料金で車に乗ることができます。

もちろん、手続きの簡単さはマンスリーレンタカーが一番なので、車庫証明の取得や審査などがめんどくさいというのであれば、マンスリーレンタカーを利用するのもいいですね。

1年以上利用するならおトクにマイカー定額カルモくんが断然お得ですよ!

自分のライフスタイルに合ったカーリース契約をしていきましょう。

タイプ別:おすすめのカーリース会社4選
1.無償譲渡してもらえるカーリースはこちら
2.コストを抑えたい人向けのカーリースはこちら
3.外車に乗りたい人向けのカーリースはこちら
4.知名度が高く安心できるカーリースはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次