カーリースって駐車場が必要なの?車庫証明って何?契約までの流れをご紹介!

Sponsored Link

毎月定額で新車に乗れるサービス、カーリース。

レンタカーとは違ってマイカーのように扱えるカーリースは、傍から見るとマイカーと同じように見えるところも魅力的なポイントですよね。

さて、そんなカーリースですが、カーリースには駐車場が必要だということをご存知でしたか?

駐車場が必須ということは、すなわち車庫証明も必須だということ。

ここでは、カーリースを契約する際の駐車場の確保や車庫証明にフォーカスを当てて説明していきたいと思います!

この記事には、以下のことが書かれています。

● カーリースに駐車場が必要なのか
● 車庫証明の取り方
● カーリースの契約の流れについて

また、車のサブスクナビではカーリースの基礎知識や契約する上で気になることなどを記事にまとめています。
カーリースについてしっかりと知識をつけたいという人はぜひ読んでみてくださいね。

基礎知識編
1.カーリースってどんなサービス?
2.カーリースのメリット・デメリット
3.カーリースを契約する時に必要なもの
4.車のサブスクとカーリースの違いについて

Q&A編
1.カーリースの審査に通る人の特徴って何?
2.ブラックリストに載ると審査が通りにくくなる?
3.車を傷つけてしまった場合の対処方法とは
4.車のタイヤがパンクした場合の交換方法や費用とは
5.車内で喫煙するのはOK?
6.契約中に引っ越しが決まった場合の手続きとは
7.契約者の名義を変更する方法とは
8.カーリースって実質税金が0円なの?
9.カーリースの金利の相場ってどれぐらい?
10.カーリースは学生でも契約できる?
11.生活保護受給中にカーリース契約はできる?
12.リース車ってカスタムできるの?
13.車通勤する上で気を付けるべきこととは
14.車検がプランに含まれていない場合の対処方法とは

それでは早速、詳しく見ていきましょう!

目次

カーリースに駐車場は必要なの?

まずは、カーリースに駐車場は必要なのか?からお話していきます。

結論を言ってしまうと、カーリースでクルマを契約する場合に駐車場の確保は必須事項となります。

逆をいえば、駐車場が確保できない人はカーリースで契約することは出来ない、ということ。

理由としては、カーリースは年単位の長期契約になること、そしてその契約期間内はクルマの使用者(契約者)がクルマを管理することが挙げられます。

たとえばレンタカーの場合、年単位で契約するということはありません。

あくまでも私個人のイメージなのですが、レンタカーは旅行先など出かけた先での足を確保するためのものとして使うので、決まった駐車場を確保しておくことはないですよね。

旅行先の知らない土地でレンタカーを借りるのに、駐車場を確保しておかなくてはならないのなら、誰も借りることはできなくなってしまいます。

レンタカーの場合はコインパーキングや宿泊先のホテルに泊めることも多く、すなわち駐車場も車庫証明も必要ないのです。

しかしカーリースの場合は、マイカーと同じようにクルマを使うという前提で契約します。

カーリース会社や契約内容にもよりますが、多くは3年~7年くらいの契約になるでしょう。

その間きちんとクルマを管理しておくことができなければ、カーリース会社も安心してクルマを貸し出すことなどできません。

これらの理由から、カーリースを契約する際には必ず駐車場の確保、それに伴い車庫証明の取得が必須となるのです。

車庫証明の取り方

カーリースには車庫証明の取得が必須となる、といいましたが、ではどうやって車庫証明を取ればいいのでしょうか。

車庫証明とは、「自動車保管場所証明書」のこと。

言い換えれば、クルマを保管する場所がちゃんとありますよ、という証なのです。

車庫証明発行の管轄は、現住所のある場所の警察署になります。

車庫証明は新車・中古車・カーリースのいずれであっても、「ナンバーを取得する」際に必要になるので覚えておきましょう。

車庫証明を取得するときには、駐車場の場所が自己所有か月極などの賃貸なのかによって、必要な書類が変わります。

以下の表にまとめておいたので、ご覧ください。

必要書類自己所有賃貸
自動車保管場所証明申請書
保管場所の所在地、配置図
保管場所使用権原疎証明書×
保管場所使用承諾証明書×
使用者の住所が確認できるもの  (免許証など)

自宅の敷地内などにクルマを置くスペースがあるのか、それとも月極の駐車場を借りるのかによって必要書類は異なるので、あらかじめクルマをどこに保管するのかを検討しておきましょう!

駐車場がないという人には月極駐車場がおすすめですよ。

クルマの保管場所としての条件は、

  • 道路以外の場所
  • 本拠地から2km以内の場所
  • 道路から支障なく出入りができる場所

などがあります。

これらの条件を全て満たしていないと、車庫証明を取得することはできません。

上記の表に記載した書類は、警察署のホームページからダウンロードすることができるので、ダウンロードして記入してください。

>>全国の警察HP一覧はこちら

ダウンロードやプリントができないという人は、警察署内にも書類が置いてあるはずなので、警察署まで足を運んで書類をもらってきましょう。

書類が手元にないと始まりませんから、まずは書類を揃えるところから始めてくださいね!

また、当然といえば当然ですが、書類に不備があると、車庫証明の取得までに更に時間がかかってしまうため、なるべく不備がないように確認しておくといいですね。

書類に不備がなくても、車庫証明の取得までには通常1~10日ほどかかることが多いです。

車庫証明はカーリースの契約時に必要になるものなので、時間に余裕を持って取得しておくことをおすすめします。

また、実は車庫証明はカーリース会社が代行して取得してくれることもあります。

車庫証明発行の管轄は警察署なので、平日の昼間しか対応していません。

仕事の都合でどうしても平日に休みが取れない、警察署へ申請に行けないという人は、カーリース会社に代行をお願いしましょう。

手数料が数千円上乗せされてしまいますが、どうしても自分では無理なときにはカーリース会社が代行してくれることを知っておくと、安心ですね。

余談ですが、車庫証明を取得する際には、必ず警察が場所の確認を行います。

本当にクルマを安全に保管する場所があるのか、嘘偽りはないかを確認しに来ますので、くれぐれも嘘の情報で書類を作成しないでくださいね。

  • 道路以外の場所
  • 本拠地から2km以内の場所
  • 道路から支障なく出入りができる場所

という3つの条件をきちんと満たしていれば、難なく車庫証明を取得できますので、あまり心配しなくても大丈夫ですよ!

カーリースの契約の流れについて

では、車庫証明はカーリース契約のどのタイミングで取得しておけば良いのでしょうか。

細かい部分はカーリース会社によって異なりますが、大まかな流れは以下になります。

  1. カーリース会社のホームページから乗りたいクルマを探す
  2. 契約期間やメンテナンスなど、契約するプランを決める
  3. 見積もり、審査
  4. 審査通過後、登録手続きをする
  5. 納車

車庫証明が必要になるのは、(4)の登録手続き時。

カーリースを契約するときには、住民登録や印鑑証明とともに車庫証明も必要になります。

先述したとおり、車庫証明は申請から発行までに10日ほどかかることもありますので、カーリース契約をしたい!と思ったら早めに取得しておいてもいいかもしれません。

必要な書類が揃っていないと契約は進みませんし、契約が進まなければ納車もどんどん遅くなってしまいます。

目安としては、カーリースの審査の申し込みをした時点で車庫証明の申請も行っておくといいでしょう。

通常、カーリースの審査には2週間程度かかることが多いですから、それだけあれば十分、車庫証明を取得することが可能です。

ただし、これはあくまでも

  • 必要書類が全て揃っていること
  • 書類に不備がないこと

が前提ですので、車庫証明の申請をする前には念入りに確認しておいて下さいね。

やり方などがどうしても分からないという人は、事前にカーリース会社に相談しておくこともおすすめです!

まとめ

カーリース契約に駐車場や車庫証明は必要なのか?について、お話しました。

カーリースを契約する場合、駐車場の確保と車庫証明の取得は必須事項。

これらができていないと、カーリースを契約することはできません。

クルマを購入するわけじゃないから車庫証明は不要!と思っている人もいますが、カーリースは【車庫証明が必要】ですから間違えないように準備しておいてくださいね!

タイプ別:おすすめのカーリース会社4選
1.無償譲渡してもらえるカーリースはこちら
2.コストを抑えたい人向けのカーリースはこちら
3.外車に乗りたい人向けのカーリースはこちら
4.知名度が高く安心できるカーリースはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次