カーリースに審査があるってホント?審査に通る人と通らない人の特徴を解説します!

Sponsored Link

最近、新しいクルマの乗り方として人気のカーリース。

ローンを組むよりも手軽に、そして毎月定額でクルマに乗れるとして人気を集めていますよね。

カーリースは、文字通りクルマをリースする(借りる)のであって、買うわけではありません。

だからこそ、「誰でもカーリースは利用できる」と思っていませんか?

残念ながら、カーリースは誰でも利用できるわけではありません。

カーリースを利用するためには、「審査」があるんです!

では、一体どんな審査があるのでしょうか。


この記事は、こんな人におすすめです。

● カーリースの審査について知りたい人
● カーリースの審査に通らなかった(落ちた)経験のある人
● カーリースの審査に通る方法が知りたい人

筆者おすすめのカーリース3選

第1位(※1)>>KINTO

(※1)筆者の調査に基づく、独自の見解です。

この記事には、以下のことが書かれています。

● カーリースの審査内容について
● カーリースの審査に通る人と通らない人の特徴について
● カーリースの審査に通るための方法について

また、車のサブスクナビではカーリースの基礎知識や契約する上で気になることなどを記事にまとめています。
カーリースについてしっかりと知識をつけたいという人はぜひ読んでみてくださいね。

基礎知識編
1.カーリースってどんなサービス?
2.カーリースのメリット・デメリット
3.カーリースを契約する時に必要なもの
4.車のサブスクとカーリースの違いについて

Q&A編
1.カーリースの審査に通る人の特徴って何?
2.ブラックリストに載ると審査が通りにくくなる?
3.車を傷つけてしまった場合の対処方法とは
4.車のタイヤがパンクした場合の交換方法や費用とは
5.車内で喫煙するのはOK?
6.契約中に引っ越しが決まった場合の手続きとは
7.契約者の名義を変更する方法とは
8.カーリースって実質税金が0円なの?
9.カーリースの金利の相場ってどれぐらい?
10.カーリースは学生でも契約できる?
11.生活保護受給中にカーリース契約はできる?
12.リース車ってカスタムできるの?
13.車通勤する上で気を付けるべきこととは
14.車検がプランに含まれていない場合の対処方法とは

それでは早速、詳しく見ていきましょう。


目次

カーリースの審査内容は?

カーリースは、年単位でクルマを契約して、毎月決まった金額を支払っていくことでクルマに乗れます。

リース料をカーリース会社に支払うことで、クルマを買わずに乗ることができるのです。

つまり、カーリースでクルマに乗るためには、「毎月決まった金額」をカーリース会社に払い続けなくてはならない、ということ。

カーリースは2~3ヶ月などの短期間ではなく、大抵は60ヶ月(5年間)などの長期に渡って契約をします。

そのため、60ヶ月後まできちんとリース料を払い続けられるのか?を見極めなくてはなりません。

それでは、カーリースの審査内容はどのようなものがあるのでしょうか。

カーリース会社によって多少の違いはあるものの、主なものはこちらになります。

● 年収
● 勤続年数
● 信用情報
● 債務履歴

これらの項目から何を判断するのか?というと、それはずばり「支払い能力があるか」どうか。

毎月決まった金額を払い続けることができない人に、カーリース会社もクルマを貸し出すわけにはいきませんよね。

それぞれの項目について、1つずつ見ていきましょう。


年収

カーリースの支払いは年単位になるので、年収は審査における必須項目と言っていいでしょう。

無理のない支払いプランは、年間のカーリースへの支払い額が「年収の3割程度」だと言われています。

たとえば年収500万円の人ならば、年間の支払い金額は150万円程度まで。

ここには、カーリースだけでなく住宅ローンや携帯の本体代金なども含まれます。

上記の例の場合、月々の支払いに充てる金額は約12万円で、この中でカーリース、住宅ローン、携帯代金をやりくりする必要があります。

あなたが契約しようとしているカーリースの月々の金額は、年収とあっていますか?

今一度確認してみましょう!


勤続年数

支払能力を総合的に判断するという意味では、勤続年数も審査対象になります。

勤続年数が少ない人、転職を繰り返している人は「支払い能力がない」と判断される可能性が高く、カーリースも契約できないかもしれません。


信用情報

信用情報というのは、借り入れなどの状況から判断する「支払い能力」のこと。

この契約をして、あなたが本当に支払いを続けられるのか?を、総合的に判断します。

キャッシングや住宅ローン、携帯代金などを合わせて高額な借り入れがあると、当然ながら審査には通りにくくなるでしょう。


債務履歴

債務履歴も、支払い能力の有無を判断する重要な材料になります。

● 過去にローンを滞納した
● クレジットカードの支払い遅延
● 携帯代金の未払い

このようなものがあると、カーリースの支払いも滞るのでは?と思われてしまっても仕方がないので注意が必要です!


カーリースの審査に通る人・通らない人の特徴

カーリースの審査内容が分かったところで、カーリースの審査に通る人と通らない人の特徴を見ていきましょう。


カーリースの審査に通る人

まずは、カーリースの審査に通る人の特徴です。

● 年齢相当の年収がある
● 勤続年数5年以上
● 成人
● 債務履歴がない
● ローンなどその他の借り入れがない

一般的には、支払い能力があると判断されれば審査には通ります。

住宅ローンや奨学金などその他の借り入れは、ないほうが当然審査には通りやすくなりますが、これらがあっても「滞納したことがない」「カーリースを含めた借り入れが年収の3割以下」であれば、基本的に審査には通るので安心してくださいね!


カーリースの審査に通らない人

カーリースの審査に通らない人の特徴は、こちらです。

● 未成年
● パートやアルバイトなど、正社員ではない
● 勤続年数が3年未満、転職を繰り返している
● 過去にローン滞納や返済遅延など債務履歴がある
● キャッシングなど高額な借り入れがある

審査内容がカーリース会社によって異なるように、どの項目を最重要視するのか?も会社によって異なります。

ポイントは何度も言いますが「支払い能力の有無」なので、カーリース会社が「この人に貸したら支払いが滞りそう」と判断すれば、審査に通るのは難しいでしょう。


カーリースの審査に通るようにするには

では、カーリースの審査に通るようにするには、どうすれば良いのでしょうか。

まずは、あなたの信用状態を確認することから始めましょう。

もしかすると、今は使っていないクレジットカードなど、気づかないうちに支払いを滞納している可能性もあるからです。

などに問い合わせると、個人情報を開示してもらえます。

信用情報に問題がないときは、契約内容と収入のバランスが合っていないのかもしれません。

年間の支払い額が年収の3割を超えていると、審査に通りにくくなるといいましたね。

カーリースはクルマの種類やグレードによって金額も変わってきますから、種類やグレードを変えるなどして対応してみましょう。

金額が変われば、審査に通ることもありますよ!


まとめ

カーリースの審査について、お話ししました。

まとめると、

● カーリースの契約には、必ず審査がある
● 審査では、「支払い能力の有無」を判断する
● 借り入れや滞納履歴などがあると、審査に通らないことが多い
● 信用情報に問題がないときは、収支バランスを考えてクルマを選ぶと良い

となります。

カーリースは途中解約ができないため、長期的に支払いを続ける必要があります。

無理のない支払い計画を立て、かしこくクルマに乗ってくださいね!


タイプ別:おすすめのカーリース会社4選
1.無償譲渡してもらえるカーリースはこちら
2.コストを抑えたい人向けのカーリースはこちら
3.外車に乗りたい人向けのカーリースはこちら
4.知名度が高く安心できるカーリースはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次