カーリース契約を考えている人必見!メリットとデメリットについて徹底解説します!

Sponsored Link

最近、新しいクルマの乗り方として人気を集めている、カーリース。

クルマを購入することなく、マイカーのように乗れるとして、世代を問わずに人気を集めていますよね。

カーリースは「安くてお得!」といった良いイメージが強いのですが、本当なのでしょうか。

本当に安くてお得なら、クルマを買う人がいなくなるような気がしますが、現実にはクルマを買う人はいなくなっていません。

カーリースはお得!といったイメージを植え付けているだけなんじゃないの?と、疑り深い私は思ったので、改めてカーリースのメリットとデメリットについて調べてみることにしました。


この記事は、以下のような人におすすめです。

● カーリースが本当にお得なのか、疑問を感じている人
● カーリースのメリットだけではなく、デメリットについても詳しく知りたい人
● カーリースは自分に向いているのか知りたい人

この記事には、以下のことが書かれています。

● カーリースのメリット
● カーリースのデメリット
● カーリースが向いている人

また、車のサブスクナビではカーリースの基礎知識や契約する上で気になることなどを記事にまとめています。
カーリースについてしっかりと知識をつけたいという人はぜひ読んでみてくださいね。

基礎知識編
1.カーリースってどんなサービス?
2.カーリースのメリット・デメリット
3.カーリースを契約する時に必要なもの
4.車のサブスクとカーリースの違いについて

Q&A編
1.カーリースの審査に通る人の特徴って何?
2.ブラックリストに載ると審査が通りにくくなる?
3.車を傷つけてしまった場合の対処方法とは
4.車のタイヤがパンクした場合の交換方法や費用とは
5.車内で喫煙するのはOK?
6.契約中に引っ越しが決まった場合の手続きとは
7.契約者の名義を変更する方法とは
8.カーリースって実質税金が0円なの?
9.カーリースの金利の相場ってどれぐらい?
10.カーリースは学生でも契約できる?
11.生活保護受給中にカーリース契約はできる?
12.リース車ってカスタムできるの?
13.車通勤する上で気を付けるべきこととは
14.車検がプランに含まれていない場合の対処方法とは

それでは早速、詳しく見ていきましょう。


目次

カーリースのメリットとは?

まずは、カーリースのメリットから紹介していきます。

そもそもカーリースとは、クルマを自分では購入せず、【カーリース社が購入したクルマをリースする】システムのこと。

メリットには、以下のようなものが挙げられます。

  • 頭金がなくていいので、貯金がなくてもクルマに乗れる
  • 新車、中古車など、豊富なラインナップから選べる
  • 毎月定額
  • 新車のローンを組むより安い
  • ネットで完結できる

それぞれ、見ていきましょう。


頭金がなくていいので、貯金がなくてもクルマに乗れる

カーリースは、クルマを買うのではなく、カーリース社が購入したクルマを借りるという仕組みです。

そのため、クルマを買うときに必要になる頭金などのまとまったお金は、必要ありません。

クルマを買うとなれば、新車でも中古車でも、大抵は頭金が必要になります。

この頭金を工面するのが大変で、クルマを買うのを諦める人もいますよね。

しかしカーリースならば、頭金などのまとまったお金は必要ないので、貯金がない…という人でも好きなクルマに乗ることができます!


新車や中古車など豊富なラインナップから選べる

どのカーリース社を利用するのかにもよりますが、リースするクルマは豊富なラインナップから選ぶことができます。

新車や中古車はもちろん、新型のクルマに乗ることも可能です!

新しい車種を購入するとなると、金額もそれなりになってしまいますが、カーリースならば費用も抑えられるのでおすすめですよ!


毎月定額でクルマに乗れる

カーリースの料金は、毎月定額です。

クルマを買った場合でも、ローンを組めば毎月定額でしょ?と思いますよね。

クルマを買ってローンを組んだときとの違いは、「定期的な出費」があるかどうか。

クルマを維持するためには、オイルやバッテリーなどの消耗品、毎月支払う税金、そして定期的に行う車検など、クルマ本体以外にも様々な費用が必要になります。

クルマを購入した場合、これらの費用はその都度支払わなくてはいけませんが、カーリースならば毎月の支払い額に含まれているので、突然の出費というものがありません!

ここが、ローンを組む場合との決定的な違いですよね。

カーリースは毎月定額で急な出費もないため、計画が立てやすいのもメリットと言えるでしょう。


新車のローンを組むより安い

カーリースは、契約期間以降のクルマの残価を差し引いた金額で月々の支払い額を決めるため、新車のローンを組むときよりも月々の支払い金額が安くすみます。

たとえば300万円のクルマを購入して5年のローンを組む場合、5年間で300万円すべてを支払うことになりますよね。

しかしカーリースの場合は、あらかじめ5年後のクルマの価値(売値)を計算しておき、5年分の金額を払えば良いんです。

300万円のクルマの5年後の価値が120万円だった場合、180万円分を契約期間で割った金額になるので、ローンを組むより明らかに安くすみます!


契約までの流れをネットで完結できる

カーリースは、契約までの一連の流れをすべてネットで完結できる場合がほとんどです。

クルマを選ぶところから始まり、プランを決め、見積りや審査までをネット上で完結できるのは便利ですよね。

忙しくてなかなかお店まで足を運べない人も、カーリースならばありがたいことだらけです。


カーリースのデメリットとは?

続いて、カーリースのデメリットを紹介します。

  • カスタマイズはできない
  • 契約途中で解約はできない
  • 返却時に追加料金が発生する可能性もある

それぞれ見ていきましょう。


クルマのカスタマイズができない

カーリースのクルマは購入したわけではなく、あくまでもリース(借りたもの)です。

そのため、自分好みにカスタマイズすることはできません。

万が一カスタマイズした場合は、契約期間終了後には元に戻す必要があります(費用は自分持ち)。

このようにほとんどのリース会社では基本的にカスタマイズがNGなのですが、実は車を改造してもいいというリース会社もあります。

そのリース会社というのがリースナブル


画像引用元:リースナブルの公式サイト

リースナブルの詳細についてはこちらで解説しているので、改造車に乗りたい!という人はぜひ参考にしてみてください。

→リースナブルの特徴と評判・口コミ

契約途中で解約はできない

カーリースは、あらかじめ年単位でクルマを何年間リースするかを決めます。

契約期間によって月々の金額も変わってくるので、契約の途中で解約することはできません。

契約時には、何年リースするのかをしっかりと考えておきましょう。


返却時に追加料金が発生する可能性もある

カーリースには、月間走行距離が決められていることが多いです。

500km~2000kmあたりで、契約内容によって変わります。

距離が短い方が月々の支払い額は安いですが、契約満了時に契約内容の月間走行距離を越えてしまっていると、追加料金が発生します。

目先の安さを重視してプランを決めてしまうと、あとから追加で支払う可能性があることを覚えておきましょう。


カーリースが向いているのはどんな人?

以上のことを踏まえて、カーリースが向いているのはこんな人になります!

●毎月定額でクルマに乗りたい人
● 短期間に多くのクルマに乗りたい人
● カスタマイズなどにこだわりがない人
● クルマの所有権などにこだわらない人

カーリースはあくまでも「クルマを借りている」ので、所有権はカーリース社です。

とはいえ、マイカーのように自宅にクルマを保管しておけるので、カスタマイズや所有権にこだわらない人には、おすすめです!


まとめ

カーリースのメリットとデメリットについて、お話ししました。

カーリースにはメリットだけでなく、もちろんデメリットもあります。

契約の前にはきちんとデメリットも確認し、納得した上でカーリースを利用してくださいね!


タイプ別:おすすめのカーリース会社4選
1.無償譲渡してもらえるカーリースはこちら
2.コストを抑えたい人向けのカーリースはこちら
3.外車に乗りたい人向けのカーリースはこちら
4.知名度が高く安心できるカーリースはこちら

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次